宝塚ブログ・お茶の間タカラヅカ

ときめきがいっぱいの宝塚は人生の潤いです

冷静に

 

望まないことが起き、望んでいたことが決まった数日でした。

長い間ブログを書いていませんでしたが、感情が整理できず書けなかったのです。やはり一回脳内に落として整理しないとですね、感情のまま書いてしまうといけませんから。

とりあえず、一番の叶った望みは花組千秋楽の配信が決定したことです。

kageki.hankyu.co.jp

ありがたいです。

しかし花組の皆様・・・特に退団される方々にとって、中止と無観客の千秋楽は・・どれだけの感情が動いているかは計り知れません。さらには退団者のファンクラブの皆様の想いを考えると何も申せません。

一ファンの自分は、ただ、ただ、ありがたいと。

 

私が花組公演を直に観劇できたのは初日開けの1回のみです。中止になってしまった期間にもう一度観劇する予定でした。それは叶わなくなりました。『はいからさんが通る』の時と全く同じ状況になりました。とても残念で悲しいですけれど、致し方ない事です。

本来は観劇した感想を書きたいと思っていたのですが、初観劇がちょっぴり良いお席を入手できましたので、華優希さんと瀬戸かずやさんを中心によそ見をしない追いかけ観劇。なので、全体の把握は出来ていたものの、感想を書くと言うことが出来ない見方でしたので(銀橋に柚香光さんがいらっしゃっても見ていないという失礼千万)、2度目の観劇後に書こうとしていたのでした。(ちなみにショーは美羽愛ちゃんも追いかけて観ていました。可愛い。)

その間にあまり入れたくない次回作の情報とか発表されては落ち込み・・・なんともナーバス。ああ、華ちゃんと瀬戸さんのいない花組に慣れるのは何年後でしょう。

f:id:nyanpuro:20210425165631j:plain

初日開けでしたのでまだ舞台写真が発売されていない状態でした。そして観劇後にはキャトルレーヴも店舗も閉まるという。がんばって中休憩に最低限の欲しいブツを入手しておいて良かったです。写真のお菓子なんてオンラインショップで売ってくれませんから。マグネット、外せるから便利。『はいからさんが通る』のマグネットのお隣に貼るんだ~、舞台写真は次に買えるかな~、と喜びながらファイルとか買っていた時には、危機感は一応持っていたものの次回中止で観れなくなるなんて心から本気で思っていなかったです。やはりコロナ慣れしていた自分の甘さが露呈。

ああ!そういえば!2Lスチール写真をいそいそと手に取っていたときに、華ちゃんのブロマイドを迷い無く手にとって持って行かれたお姉さん、わたくし心の中で「同士!!」と喜びで震えておりました。こういう事があるからキャトルレーヴって好き。


ブログランキングに参加しました。
ポチッとしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

絶対忘れません@忘れないで~♪

 

雪組東京公演千秋楽を配信で拝見いたしました。

望海風斗さん、真彩希帆さん、最強の添い遂げ退団。私が深く好きになった生徒さん(トップさん)は華優希さんを含めてお二人でありますが、どちらも添い遂げではなかったのでファンの方が本当に羨ましいです。

カウントダウンが始まってからはお二人ご一緒のお仕事が多く、退団記念のお写真もデート風景。素敵すぎる。そしてインタビューもご一緒。仲睦まじい。昨今とても珍しい“トップコンビ”としてのお仕事が多いお二人でした。

 

さて、公演ですが最後とあってか望海さんのお歌に遠慮が無く、解放されたように素晴らしい声でした。もちろん真彩さんも素晴らしい。

お芝居のラスト、第九の流れの辺りから涙がこぼれ始め、望海さん、真彩さんお二人の表情に胸が熱くなりました。ショーでは真彩さんの表情の変化につられて時々泣いている自分。真彩さん、涙零れてますってば。そんなお顔拝見したらつられて泣きますってば。

そして青い薔薇を持たれた望海さんのシルエットのあたりから「ああ・・やばいなぁ・・・」と涙腺崩壊の予感はしていたのですよ。

デュエットダンスではお二人が出会って「嬉しそう、よかったね」の気持ちで笑顔になるのですが、望海さんが真彩さんの手を取ってギュッと強く握りしめたり、その時に見つめ合って「うん、うん、」とアイコンタクトや真彩さんの一瞬クシャッと泣きそうになる表情に(泣いていらっしゃいましたけれど)コチラはもう滂沱の嵐です。笑顔で号泣するという。なんでしょう・・・『fff』のラストシーンと同じで、寂しいというよりも心が温かくなった涙というか。お二人にはやはり“陽”が似合うのです。お二人の笑顔を拝見していると幸せになるのです。

それは退団のご挨拶でも同じでした。私はトップさんが相手役さんに言葉をおかけになるのが大好きです。壮一帆さんが愛加あゆさんにおかけになったのが、私の中での始まりです。あ、雪組さんは添い遂げが多いですね。

望海さんが真彩さんに向けて

「一緒に走り続けてくれる、相手役にも出会えました。さなぎが蝶になるように・・大きく、羽ばたいてくれて・・・。ありがとう。」

 

あーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!

アカンッ!ダメっ!!ダメなやつやッ!!!

 

と、ティッシュケース片手に涙腺崩壊。クシャクシャになった真彩さんのお顔が涙で霞んでもう画面が見れませんでした。望海さんのダメ押し。殺し文句。

相手役さんを大切にしてくれるトップさんが大好きです。トップさんと同じ景色を見ようと必至にもがいてついて行かれるトップ娘役さんが大好きです。そんな娘役さんだからこそトップさんは相手役としてずっと大切にしてくれるのです。もう相乗効果です。大好きです。何度でも言います。切磋琢磨して高め合うトップコンビさんが大好きです!

“かすみ草であれ”と、トップさんに寄り添う姿勢のトップ娘役さんの、見えない努力を尊敬します。(見えてても尊敬します。もちろんです。)

 

明日のSKY STAGEのタカラヅカニュースで今日の千秋楽の模様が放送されます。

その前に、涙腺崩壊で目が腫れて脳内真っ白な状態でも語りたかった事だけ書き残しておこうと思いました。かなり支離滅裂な文体ではありますが・・・。

歴史に残る『うたうまトップコンビ』。トップ娘役の新しい地位を確立してくれた真彩希帆さん、宝塚の至宝・神の歌声の望海風斗さん、ご卒業おめでとうございます!


ブログランキングに参加しました。
ポチッとしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

月組次期トップコンビの発表(やっとですね)

 

とうとう月組次期トップコンビの正式発表がありました。

月城かなとさん、海乃美月さん、本当におめでとうございます!

kageki.hankyu.co.jp

しかしながら結構じらされた割に、順当な就任。理事長も元月組のプロデューサーが新理事長としてこの4月1日から就任されたことですし、これを待っての発表だったのかしらとちょっと穿ってみました。

同時にプレお披露目の演目も発表。

kageki.hankyu.co.jp

青天姿の月城さん。お似合い。

ヴェネチアの紋章』といい『哀しみのコルドバ』や『銀ちゃんの恋』など、私のファン心が純粋に熱かった時代の作品が続きます。悩ましい。『エリザベート』や『ベルサイユのばら』など、宝塚の顔的な「再演ありき」の作品なら全然平気なんですけれど。あ、でも『風と共に去りぬ』は天海祐希さんのレット・バトラーが素敵すぎてそれ以降観れていません。(しかし時代的にもう再演は無理でしょう。)

『川霧の橋』はさよなら公演でしたので号泣しながら何度も観劇しておりました。天海さんの役はどなたがされるのかが興味あります。悪(ワル)役ですし。

 

それにしても最初にも書きましたが、あまりにも順当な就任でチョッピリ拍子抜けな感じもします。プレお披露目も、すでに『ダル・レークの恋』で(配信を)拝見したようなものなのでなんだかな~とか不謹慎にも思ってしまいました。でも月城さんのファンの皆様はきっととてもお喜びでしょうね。本当に良かったです。おめでとうございます。

そして海乃美月さん。昨今では珍しいほど、いろいろな劇場で多くのヒロインをご経験されてから(新公含む)のトップ娘役就任。海乃さんのファンの皆様に対して純粋に、いいなぁ~羨ましいなぁ~と感じています。下心ありません。本当に。大好きな華優希さんは退団公演含めてヒロイン経験がとても少なかったので、本当に「たくさんヒロインが観られていいなぁ~」と心から思います。

愛らしさも、美しさも兼ね備えた海乃さん。実力も申し分なし。これからどのようなヒロインを演じていかれるのか楽しみですね。


ブログランキングに参加しました。
ポチッとしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

東上主演おめでとうございます!@水美舞斗さん

 

どんなタイミングやねーん!というタイミングで全国ツアーの裏の発表がありましたね。水美舞斗さん、初ドラマシティ&東上おめでとうございます!『銀ちゃんの恋』という再演物なのがアレですが、東上することがこの先の体制を決定付ける最重要課題なので無問題です。

kageki.hankyu.co.jp

『銀ちゃんの恋』は私にとって名作です。なにより涙あり笑いありのガッツリお芝居系です。初演の久世星佳さん ・風花舞さん・汐風幸さんの公演を拝見して大感動しました。なので大空祐飛さんで再演された作品は観れませんでした。大空さん大好きだったのですが、サヨナラショーの少しを(映像で)拝見できたくらいです。

どうも私は直接観劇した作品の再演は(心情的に)なかなか観る事ができないのです。当て書きの作品の場合は特に。再演の場合、大好きな生徒さんが似合いそうなお役に配役されたり、過去に観ていなかった作品だったり、心穏やかに観れるかもしれないと達観した時期になったら観る事ができました。完全な当て書きで大好きすぎた『メランコリック・ジゴロ』なんて、華優希さんがティーナ役だったから初演以来やっと(映像で)観れた再演作品です。(華ちゃんでフェリシアも観たかった)

今回はどうでしょう。もう心情的には拝見できそうですが、きっと映像で満足しそうです。

気が早いですけれど、ヤス役と小夏役を考えてしまいました。

最近のイメージから考えると、ヤスはついつい飛龍つかさくんと思ってしまいましたが、一之瀬航季くんで観てみたいです。小夏は・・・願望としては美羽愛ちゃんなのですが、他組の娘役ヒロインを考えたら春妃うららちゃんでも良いかもしれないとか。

ここでダメ押しの星空美咲ちゃんがきたら、もう他組への嫁入り決定になってしまいますね。(月組だったらシャレにもなりません)しかしかわい子ちゃんの流出は避けたい・・・。

美咲ちゃんはお人形さんのような等身バランスからいって、嫁ぐ場合はなるべく高身長の男役さんのお嫁さんになっていただきたいと思います。銀橋で凪七さんと並んだ時に切に思いました。あれだけ頭が小さくて等身バランスの良い凪七さんのお隣でも思ってしまうほどの美咲ちゃんです。(実は花組公演はすでに観劇してきました。)

昔、杜けあきさんの相手役さんだった鮎ゆうきさんのお言葉やご苦労が、今でも忘れられません。私がついつい身長差を言ってしまうのはこんな流れからなのです。単に身長差萌えだけじゃないんです、はい、本当に。

なんだか水美さんのお祝いとはほど遠い内容になってしまいました。いや、本当におめでとうの気持ちは大きいのです・・・娘役さんが大好きなだけで。

それにしても劇団の95期推しは止まりませんね。次は瀬央ゆりあさんが何か大きな場をいただくかも知れないですね。東上が一番ですけれどパリ祭とかだったりして。(日程とかガン無視で思っただけです)


ブログランキングに参加しました。
ポチッとしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

カウントダウンが始まります

 

いよいよ花組大劇場公演が本日より始まります。華優希さん退団発表から今日まで、あっという間でした。・・・特に今年に入ってから。

本当はもう少し早くブログで華ちゃん愛を語りたかったのですが、大劇場公演が始まってもいないのに全国ツアーの情報が発表され、少し・・・いえ、かなりしょんぼりしてしまいまして。でも改めて思いました。私は華優希さんが大好きだ!“れいはな”が大大大好きだ!瀬戸かずやさんが本当に好きだーっ!と。

このしょんぼりから回復させてくれたのが、花組バージョンの『宝塚歌劇より、劇場へご来場いただくお客様へのお願い』動画。かわいいかわいい美羽愛ちゃんが私にパワーをくれました。(声が特に好き)

 

さて。どうしても早くに観劇したかったので、まずは初日開けすぐの公演を確保いたしました。SKY STAGEではお稽古場の映像がちょこっと流れたり、柚香光さんや高翔みず希組長のお稽古場情報などが放送され、いろんな喜びや期待感にワクワクしております。

何よりも嬉しかった情報が、柚香さんがずっと願っていた“裸足でデュエットダンス”が今回拝見できること。実際に観てみないとどれだけのデュエットダンスなのかがわかりませんが、もしも柚香さんの願いが叶うのなら、華ちゃんとのコンビで観たかったのです。本当に。本当にっ・・・!

私の中で至上の“裸足でデュエットダンス”は、紫苑ゆうさんと白城あやかさんのダンスです。そういえば、お披露目のデュエットダンスもお二人のが過去一番だったと以前に書きましたが、柚香さんと華ちゃんのお披露目ブライダルデュエットが私にとって一番になりました。今回はどうなるでしょう。ドキドキします。実際に拝見したら泣くかもしれません。いや、もう泣いてる自分が想像できます。だってきっと華ちゃんの柚香さんを見つめる笑顔が幸せに溢れすぎてて私を泣かせること必至です。そして、その華ちゃんを愛しく見つめて下さる柚香さんのお姿は、今回の公演で見納めです。残念でなりません。

公演初日に向けて、各メディアで柚香さん筆頭に華ちゃんや瀬戸さんのインタビューが掲載されまくっていましたけれど、その中で華ちゃんが「男役との関係性の中で、多幸感あふれる娘役を見せたい」とおっしゃっていました。

私にとって華ちゃんは、至福の愛を感じることができる娘役さんです。このように感動を与えてくださる素敵な娘役さんに出会えて本当に幸せです。・・・書いていて泣きそうです。

 

この公演が終わればおそらく私はしばらくの間花組を生で観る事はできなくなると思います。一人の生徒さんを好きになりすぎるとこうなることが解っていながら、華ちゃんを、“れいはな”を好きになりました。ブログを始めたきっかけも“れいはな”愛なものですから。

コロナの変異株が蔓延し始め、またしても先がわからなくなってきました。どうか無事に公演が乗り切れますよう心から願います。


ブログランキングに参加しました。
ポチッとしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

愛をくらいました!@『幽霊刑事』配信

 

珠城りょうさんの『幽霊刑事』の配信を拝見いたしました!いや~良かったです。

原作を拝見していないのでストーリーも犯人も知らない状態、でもSKY STAGEの情報だけで今日の配信をワクワクしていました。そして本当に素敵な作品でした。拝見できて良かったです。3度ほど涙がこぼれました。台詞も歌詞もサヨナラ感が出ていたのでその度にホロリもありました。

珠城さんだけでなく、鳳月杏さんも、天紫珠李さんも大好きなので、とても俺得な主演のお三方で本当に楽しめた公演でした。珠李ちゃんの拳銃姿格好良かった!

珠城さんの『Eternità』は残念ながら拝見できなかったのですが、カーテンコールの“愛”の受け渡しがおもしろかったです!次の大劇場でも見たいなぁと・・・無理でしょうかね。(月組大ジャンプもありますしね)

珠城さん、やっぱりかっこ良いですね。コート姿が素敵。そして面白さと優しさの両方が舞台上でも拝見できて嬉しかった。珠城さんが珠李ちゃんを後ろからギュッとする場面はキュンとしました。

珠城さんの魅力が詰まったこのお役に、ファンの皆様もきっと涙と笑顔で忙しかったのではないでしょうか。

このバウが終わればとうとう最後の大劇場公演。珠城さんの、宝塚とファンの皆様への大きな愛情を、そっと見守りたいと思います。


ブログランキングに参加しました。
ポチッとしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

轟悠様退団発表によせて

 

衝撃的なニュースが発表されました。私個人と致しましては華優希さん退団発表以来の衝撃度です。

kageki.hankyu.co.jp

今月は、配信や花組大劇場公演に向けてのやりくりの為にブログ用のまとまった時間が取り辛い関係でほぼ休止状態でしたが、このニュースには絶対的に記録に残したい思いが強かったです。(新人公演復活とかいろいろ話したかった・・・)

ミエコ先生の事があったので、轟さんが理事を降りられた時に多少なりとも脳裏を過ぎりましたが、まさか本当にこの日がやって来るとは思っていなかった甘い自分がいました。「春日野先生のように」とは時代背景的に無理があると思いますので言えませんが、それでも後進の為にもうしばらく残って頂きたい思いがあるのと同時に、パフォーマンス的に難しくなってきたのかも・・・との思いがあるのが正直な気持ちです。一時の歌唱に比べて『シラノ ド・ベルジュラック』はとても素敵でしたので、本当に残念でなりません。

子供の頃から何気なく見てきた宝塚。本格的に熱が入り始めたのは大浦みずきさんや剣幸さんの時代で、当時の71期生の若手スターさん達は本当に大好きでした。

エリザベート』のルキーニ。『ノバ・ボサ・ノバ』のソール。轟悠さんはお手本のようなジェンヌさんでした。現役時代はご自分にも厳しく、専科に移られても後進の為のお手本。端から拝見する限りではありますが、どこからみてもソフトなお人柄でお優しそうで、宝塚の品位を守っていらっしゃる第二の白薔薇の君。(第一はもちろん春日野先生です)

現在発表されているのがディナーショーと、昨今ご縁の深い星組との公演。10月1日付けでの退団との発表なので、日程的に大劇場公演へのご出演は無さそう。どのような形になるのでしょうか。大階段を降りられないのでしょうか・・・。寂しいです。

どうか最後の日を迎えるその日まで、下級生の皆様は一挙手一投足を逃さずに何かを受け継いでいって頂きたいです。


ブログランキングに参加しました。
ポチッとしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村